WordPressで年齢計算を自動で行って表示してくれる方法【コピペOK】

スポンサーリンク
WordPress

Warning: A non-numeric value encountered in /home/destlation/life-prairie.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 336

WordPressの記事を作成していると、人物の年齢について書く機会があると思います。
しかし、
その人物の誕生日がくるたびに記事内の年齢を編集するのは面倒…
そんな悩みをお持ちのWordPress初心者の方は多いのではないでしょうか?

今回は、WordPressの記事内で
年齢を自動計算して表示させる方法
を紹介します!

エディタに貼り付けコピーで完成できますよ♪

スポンサーリンク

WordPressで年齢計算を自動で行って表示してくれる方法

 

WordPressで年齢計算を自動で行って表示してくれる手順を紹介します

生年月日を引数に与えて現在日から年齢を計算するショートコードを使います。

手順は次の2ステップです。

 

(1) 「functions.php」に関数を追加する

(2) 各記事内で年齢を入れたい箇所にショートコードを使う

 

どちらも紹介したコードをコピーして貼り付けることができます

では、それぞれみていきましょう。

 

(1) 「functions.php」に関数を追加する

functions.php」に次の関数を追加します。

//年齢計算表示ショートコード
function calcAgeFunc($attr) {
     $now = date("Ymd");
     $birth = $attr[0];
     return floor(($now-$birth)/10000);
 }
add_shortcode('calc_age', 'calcAgeFunc');

これは一度追加しておくだけでOKです。 

(2) 各記事内で年齢を入れたい箇所にショートコードを使う

実際に年齢を入れたい箇所に使うショートコードはこちらです。

2022

 YYYYは年、MMは月、DDは日に変更してください。

(例)200211日生まれの場合は

 20歳

 となります。

 注意点として、ビジュアルモードではなく、テキストモードで貼り付けてください。

ビジュアルモードで貼り付けると、コードがそのままページに反映されてしまいます。

 こんな感じで

 

ここだけ気を付けてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 以上、WordPressの記事内で

  • 年齢を自動計算して表示させる方法

2ステップで紹介しました。

ステップ1を行えば、あとはステップ2を繰り返すだけです!

意外と簡単でしょう!?

 皆さんも、この記事を参考にやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました