『愛の不時着』セヒョン役の俳優は誰?次男夫婦の悪事と最後の結末

スポンサーリンク
愛の不時着

(※この記事は韓国ドラマ『愛の不時着』のネタバレが含まれます。)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@guy_jj_cd_bbがシェアした投稿

韓国ドラマ『愛の不時着』は、韓国の財閥令嬢ユンセリ(扮ソイェジン)が、北朝鮮に不時着したところを、北朝鮮の軍人リジョンヒョク(扮ヒョンビン)に救助され、真実の愛に不時着するラブストーリー。韓国ではtvNで、2019年12月14日から2020年2月16日まで放送され、日本でもNetflixにおいて2020年2月23日から配信されています。なんと世界190ヶ国で配信されています。

 

さて、作中ではヒロインのユンセリとその一家も登場しますが、家族仲はどうもギスギスしています。

ユン家の次男ユンセヒョンとその嫁コサンアはセリが財閥クイーンズ・グループの次期会長になろうとするのを阻止すべく、悪事を働きます。

(引用:TvN『愛の不時着 人物紹介』より)

夫婦役の彼らも見事に悪役を演じていましたね!

今回は、ユン家次男のセヒョンについて

  • 役のキャストは誰か
  • 次男夫婦の悪事と最後の結末

を紹介します!

 

※『愛の不時着』の他の記事について

『愛の不時着』パクグァンボム役の俳優は誰?キムスヒョン似でスカウトされた?作中での性格は?
( ※ネタバレあり ) 韓国ドラマ『愛の不時着』に登場するリジョンヒョクの部下、パクグァンボムについて、演じる役の俳優が誰か、作中でスカウトされたことや彼の性格について紹介します。
『愛の不時着』人民班長役の女優は誰?作中での人物設定や特徴は?
(※ネタバレあり) 『愛の不時着』でリジョンヒョクの舎宅村でよく登場する主婦4人組の中でもインパクトが強いおばちゃん、ナウォルスク。 彼女を演じる女優や作中での人物設定や特徴を詳細に紹介します。

 

スポンサーリンク

『愛の不時着』次男セヒョン役の俳優は誰か

『愛の不時着』で次男セヒョンを演じるのはパクヒョンスさんです!

小泉進次郎に似ているという声もあります。
(そう言われれば似ているかも!?)

しかし、次のシーンは元プロ野球選手の上原浩治の若かりし頃に似ていると思いません?

↓上原浩治さん

(引用:スポニチより)

パクヒョンスのプロフィール

パクヒョンスさんのプロフィールを簡単にまとめます。

名前 パクヒョンス

(박형수 )

生年月日(年齢) 1980年12月3日(41歳)
身長 176cm
家族
所属事務所 プレーンTPC
大学 ソウル芸術大学(演劇科専攻)
デビュー 『地下鉄1号線(2008年・ミュージカル)
趣味 映画鑑賞
インスタグラム @ phs_fanstagram

インスタグラムは個人のアカウントではなく公式のファンアカウントになります。

演技は子供の頃から関心があったようですが、周辺の引き止めにあい、経済学専攻で進学します。兵役を終えた後も演劇のことを忘れられず、大学3年生の1学期を終えたあたりでソウル芸術大学の演劇科に転学しました。

大学を卒業したのは29歳のことです。

最初はミュージカル、演劇、映画で活動し、その後ドラマデビューをしていきます。

また2019年のニュース記事によると、2019年4月6日にガールフレンドと結婚しています。

お相手は一般人女性で非公式で式を挙げたようです。
周りと比べるとデビューが遅いかもしれませんが、奥さんもいることですし、これからの活躍が期待できる俳優さんと言えるでしょう!

パクヒョンスの出演作品

パクヒョンスさんが出演している作品を一覧で紹介します。

【公演】

ジャンル 作品名
2008 ミュージカル 地下鉄1号線
2009 洗濯
2010 ロック
2011 演劇 屋根部屋のネコ
2011 ものすごいスキャンダル
2012 コメディナンバーワン

【映画】

作品名
2012年 容疑者X 捜査チーム1
2013年 家に帰る道 ソウル地検捜査官1
2014年 チラシ:危険な噂 情報会議選手
武林
今すぐ留学を行かなければなら! 洗濯おじさん
今すぐ保険証が必要です! 駐車場の男
2015年 体の値
誰の子供が泣いているか 刑事
ソウルキャンプ1986 いじめ3
2017年 空調 国家情報院幹部
普通の人 要員1
ワンライン した書記官
王様の事件手帳 士官1
沈黙 タクシー運転手
必ずキャッチ 倍ヅシク
2018年 人狼 理容室
交渉 国家情報院の交渉要員2
スイングキッズ 通訳
2019年 ペンバン チェギョンジュン取締役
出国審査 兄嫁 特別出演
悪い奴ら:ザ・ムービー バクソンテ
2020年 次のステップの季節 職場の上司 友情出演
損なわない ソング弁護士
コール スマートフォン習得男(声) 特別出演
(公開予定) キングメーカー 正弦
唇はいけません スンミン
ドリーム キム代表
空調:インターナショナル 国家情報院幹部

【ドラマ】

作品名 役名
2017 刑務所のルールブック ナヒョンス
2018 恋愛体質 ソ代表
2019 愛の不時着 ユンセヒョン
2020 賢い医師生活 ピョン弁護士
2020 アマンザ チェヒョンジュ

パクヒョンスさんは最初は舞台公演や映画に出演しており、テレビドラマに出演し始めたのは2017年のことです。

『刑務所のルールブック』で悪役ナヒョンス役を演じてくれました。

ドラマ出演が増えてきていることから、今後は視聴者の皆さんも目にする機会が多そうですね!

スポンサーリンク

『愛の不時着』セヒョンの作中での人物設定と悪事

まずは『愛の不時着』での次男セヒョンの人物設定をまとめると次の通りです。

・ユン家の次男でセリの兄。38歳。・頭はいいが欲深い。セリ失踪後は父の後継者となり、妻サンアはセリズ・チョイスの代表に就任することになっていた

(しかし就任を決議する株主総会の場に突如現れたセリにより、阻止される)。

・セリ帰国後は、サンアと共にセリ失脚の陰謀を巡らせる。

(チョチョルガンとも接触する)

・自身を騙したクスンジュンを捕らえるため、オ課長を通じて北朝鮮内のヤクザを動かす。

(不幸なことにクスンジュンは北朝鮮で命を落としてしまう)

サンアも紹介しておきます。

・セヒョンの妻。38歳。・政治家の娘。セヒョンとはお見合い結婚。

・セリ帰国後は夫セヒョンをグループの後継者にするべく陰謀を計り、オ課長を通じてチョチョルガンと接触し、セリを北朝鮮に連れ帰るよう依頼する。

このように、セヒョンとサンアは会社の代表に就くために、悪事を働いてしまいます。

最初のうちは単に失脚させればよいと思っていたのでしょうが、事件はセリやスンジュンの命を狙うまで発展してしまいます。

引くに引けず、悪事に加担する、小物感が否めない役柄のセヒョンですが、見事演じていたと思いますね♪

スポンサーリンク

『愛の不時着』次男セヒョンの最後の結末

『愛の不時着』において次男セヒョンの最後の結末を先に紹介しておくと次のようになります。

  • 家族全員の前で悪事がバレる
  • 夫婦の信頼関係が崩壊する
  • オ課長の証言により逮捕される
  • 離婚訴訟問題につながる

ではそれぞれみていきましょう。

(画像はすべてTvN『愛の不時着』より引用しています)

(第14話)家族全員の前で悪事がバレる

マンボクが仕掛けた盗聴器に録音されていた音声を、国家情報院の捜査官と家族一同のもと、流します。

二人の会話の要点は

  • チョチョルガンを単独犯に見せかけたかった
  • チョチョルガン引きずり込んだのはサンアだが、その後チョチョルガンと接触したのはセヒョン
  • 指図した証拠はなく、現金を手渡ししたのでバレない

これを聴いて全員驚きの表情を隠せません。

父:
「セヒョン、今日限りでクイーンズから手を引け。
緊急株主総会を開く。もうお前のことは息子だとも思わん。
もう現れるな。二度と。」

セヒョン:
「父さん、僕じゃなくてサンアが…チクショウ、
言わせてもらうけど父さんだって悪い。
さっさと僕に譲ってくれたら全て丸く収まったのに。
なのに権力をずっと握りっぱなしで、いつまでもじらすから惨事を招いたんだろう?」

と悪態つくセヒョン。
妻に罪をかぶせるとはひどい…

ここで、ずっと聞いていた母は我慢できず、思わずセヒョンに平手打ちをします。

渾身の一撃。痛そう…

話を進めるため、国家情報院の捜査官が口を開きます。

捜査官:
「警察と合同で捜査中です。ご協力を。
誰に何の名目でカネを払ったのか。
チョという男とどう知り合ったのか。」

第15話に進み、セヒョンは落ち込んでいますが、ここであきらめるようなサンアではありません。

セヒョン:「すべて終わった…君のせいだ」

サンア:
「いいえ、まだ切り札が残っている。
セリは大胆なマネを。北朝鮮の連中をここに呼び入れているの。
あの護衛の仲間よ。さっきチョと電話した」

冷静なサンア。一つ壁が崩れたくらいではびくともしないとでも言いたげな顔…
リジョンヒョクのネタをもとにセヒョンとサンアは自宅で再び父と話をしますが…

セヒョン:
「父さん、財閥絡みの事件や事故は
せいぜい賄賂や横領、暴行や麻薬くらいでした。
でもセリは国家保安法の違反。次元の違う話ですよ。
クが来たら公になって…」

 

父:「悪いが、家族のことを他人と話したくはない。出ていってくれ」

 

セヒョン:

「セリと噂になっている護衛はスパイですよ。セリはどうかしている。」

 

父:「結論は出ていない。」

 

サンア:
「私たちにお怒りですよね。言い訳はしません。
ですが、この件は冷静に判断を。」

 

セヒョン:「セリをかばうと共倒れになります。」

 

父:「お前を見ていると私の人生が失敗に思える。自分の将来を心配しろ。」

セヒョンたちを一蹴する父。
前に「家族じゃない」と言い放ったところですが、座っているところをみると、一応、話だけは聞いてやろうと思ったのでしょうか?

おそらく父は既にジョンヒョクの存在を知っていたのかもしれませんが、それよりもセヒョンを許すことができない思いの方が強かったのでしょうね。

去っていく父をみて

サンア:「もういい。クが来る。引っ掛けるネタはいっぱいよ。」

一連の話を影で聞いていた長男夫婦。
さすがに長男夫婦も「セヒョン夫婦はやばい」と思ったのでしょうか。
この後セリに報告します。

(セリと協力というよりは、セヒョンを失脚させて自分が会長になることを狙っているからでしょうが…)

セヒョンとサンアの行く末は最終回まで続きます…

(最終回)夫婦の信頼関係は崩壊?

自宅前での車内にてセヒョンとサンアの会話

セヒョン:
「整理をしてみよう。クを連れ戻せと指示したのは僕ではなく君だ。
その過程でクが死んだのも君が雇った連中のせいだ。
僕とは関係ない。そうだろ?何とか言えよ。
チョチョルガンがセリを殺すと言った時も僕は怒って席を立った。
チョにセリの住所を教えたのも君だ。認めるよな?」

サンアは黙ってセヒョンのポケットから携帯を取り出す。

セヒョンは録音していましたが、あっけなくバレます。

サンア:「詰めが甘いわね。相手の同意のない録音には効力がないの。」

 

セヒョン:「だから何だ。僕は事実を言っただけだ。」

 

サンア:「誰が信じるかしら。全てはあなたのためにしたことよ。」

 

セヒョン:
「ふざけるな!何が僕のためだ!結果をみろ。
おかげで僕は会長の座を失い、下手すれば刑務所送りになりそうなんだぞ。」

 

サンア:
「興奮しないで。クは北で死んだの。
韓国の警察は調べないわ。
送金記録も通話履歴も捜査できないように手を回した。
セリをさらおうとしたチョも自分で勝手に死んだの。
恐れることはないわ。」

 

セヒョン:「本当に大丈夫か?」

セヒョンは、一緒にピンチを切り抜けようという思いがなくなったのか、自分は悪くなく、サンアが仕組んだことにしたかったのでしょうね。

信頼関係が崩れてきている、と言えるかもしれませんが、それでも、最後のセリフを見ると、サンアを頼っているのがわかります。

いよいよ、最後の結末になります。

(最終回)オ課長の証言により逮捕される

セヒョンとサンアが自宅に戻ると、父とセリが座っています。

さすがにセリがいたことは予想外だったのでしょう。

セヒョン:「いつ退院を?」

 

セリ:「今日よ。ここに直行したの。座って。」

 

セヒョン:「自分の家でもないのに」

 

サンア:「国家情報院は?」

 

セリ:「行ったわ。起訴されそう。」

 

セヒョン:「国家保安法違反だしな。優秀な弁護士を雇え」

父:
「心配するな。私の弁護士に依頼する。
不告知罪(犯罪者を通報しなかった罪)だそうだ。
情状酌量の余地が多いので、うまくいけば罰金刑だけで済む」

 

セヒョン:「でも軽い罪ではないし、記事にされたら大騒ぎだ。」

 

父:「責める資格はない。お前たちは実刑だ。」

 

セリ:
「法を恐れているならよく調べればよかったのに。
犯罪を犯そうとしている者と知りながら金品や財産などの利益を与えたり、潜伏場所を提供したわよね。
10年以下の実刑だそうよ。」

 

セヒョン:「何の話だ?」

 

セリ:「入って」

国家情報院の捜査官と逮捕されたオ課長が入ってきます。

セリ:「国家情報院で会ったの」

オ課長:
「すみません。
北で協力していたチョン社長という男が中国を通じて
口座の入出金明細や通話内容をユン代表に…
私はただ、ご夫妻の指示に従っただけです。」

 

セヒョン:「ふざけるな!指示した覚えはない!」

 

サンア:「私たちに罪をなすりつける気!?」

捜査官:
「反論があるようですね。
殺人と誘拐の教唆に犯罪者への利益供与。
起訴する項目が多すぎて…
警察と合同での調査が必要です。
とりあえず、ご同行を。」

 

セヒョン:
「父さん、黙って見ているなんて。会社のイメージも考えてくれよ。」

 

父:
「黙れ!
経営者のくせに私の意図も読めんのか。
切ろうとしているのだ。
私は会社に迷惑をかけるヤツは捨てたいんだ。」

父に見放されて涙ぐむセヒョン

1回や2回ではあきらめず、最後まで粘ろうとするセヒョンとサンアには執念が感じられましたが、最終回でついに逮捕されました…

二人とも罪深いとは思いますが、どちらかというとサンアの方が罪は重いかも?

セヒョンはサンアの助言で動いていた部分もあるとは思うので…

(最終回)服役中も離婚訴訟の手続き中

ここは後日譚にあたる部分です。

セヒョンとサンアは逮捕されて以降、登場しませんが、セリと母の会話で刑務所での彼らの様子がわかります。

セリ:「セヒョン兄さんの面会は?」

母:
「ああ…弁護士と行く。
服役中なのに離婚訴訟をしたいって。私がしたいわ。」

嫌なことを思い出した…という感じのセリフでしたが、セリのお母さん、「したい」って離婚訴訟を?
最後にさらっと言いましたね…
きっとお母さんも一連の騒動でうんざりしているのでしょう…
本人からすれば、いい迷惑ですもんね。

そして刑務所内でも争うセヒョンとサンア。
恋愛結婚をして幸せそうな長男夫婦とは違って、セヒョンとサンアは最初から夫婦愛が冷めている印象がありました。
政略結婚だったから二人の間に愛情はなかったのでしょうか?
しかし、サンアはセヒョンのことを思ってこの一連の悪事を企てたと考えられるので、これは一種の愛ともいえるかもしれませんね。
(愛の形は人それぞれということで…)

また個人的には服役中の様子も登場してほしかったところではあります。
これまでの行動をみていると、おそらくサンアの方が一枚上手だから、訴訟でもセヒョンが負けそうな感じはあります…
セヒョンはこれからどうなるのやら…

このように地に落ちていくセヒョンとサンアでした。

スポンサーリンク

(おまけ)兄との小競り合い

(画像はTvN『愛の不時着』より引用しています)

紹介しているように悪事に走るセヒョンでしたが、会社の代表の座を巡る兄との小競り合いはコミカルに描かれていると思うので紹介します♪

第3話にて、サンアに促されてではありますが、父に進言する場面があります。

このまま進むとセリが会社の代表になってしまうので阻止したいのですが、それは兄セジュンも同じです。

セヒョン:「父さん。株主総会が…」

 

セジュン:「そう、もうすぐです。冷静になってください。」

 

セヒョン:「セリの後継者内定や失踪が噂になったら…」

 

セジュン:
「本当に大騒ぎですよね。株価は暴落します。
はみ出し者だった末娘の失踪とグループの後継者の失踪は違います。
1面のトップ記事か片隅の小さな記事か。それほどの差です。
片隅の記事はつぶせます。トップ記事はつぶせません。」

弟を先に封じるために、おしゃべりになる兄セジュン。

セジュン:
「もちろん、セリの事故には俺も胸が痛みます。
父さん、危機の時こそ正攻法を」

しかしセヒョンもひるみません。

セヒョン:
「そうです。
ところで創業以来、
最大の危機を頼もしいパートナーと力を合わせて乗り越えては?
僕とサンアの結婚で株は3日間ストップ高でした。
僕がサンボク・グループの婿になったからです。
僕を選べばサンボクが協力してくれます。
株主総会で新しい後継者が僕だと発表すればセリの件は忘れ去られます。」

兄に負けじと主張するセヒョン

そして父の困った顔。

「一人で考えさせてくれ」と言わんばかりの顔ですね。
実際、二人にこう言い寄られたら「どっちか片方ずつ話してくれよ…」と言いたくなりそうですが。

結局、この後セヒョンが代表に選ばれます。
ただ、父曰く、セヒョンが優秀ではなく無能だから身の程を知ってもらうために代表に就かせたとのことです。そうとは知らずに喜ぶセヒョンを見るとちょっとかわいそう…

以上、そこまで長くないシーンですが、悪事を働く以外でセヒョンが輝いている場面と言えるでしょう♪

スポンサーリンク

最後に

以上、『愛の不時着』のユン家次男のセヒョンについて

  • 役のキャストは誰か
  • 次男夫婦の悪事と最後の結末

を紹介しました!
皆さんの参考になればと思います。

これまで作品ごとにキャラを変えて演じるも手堅い評価を得てきたパクヒョンスさん。
『愛の不時着』ではまた別の魅力を伝えることができたのではないでしょうか。
今後の活躍にも期待ですね!

 

※『愛の不時着』の他の記事について

『愛の不時着』パクグァンボム役の俳優は誰?キムスヒョン似でスカウトされた?作中での性格は?
( ※ネタバレあり ) 韓国ドラマ『愛の不時着』に登場するリジョンヒョクの部下、パクグァンボムについて、演じる役の俳優が誰か、作中でスカウトされたことや彼の性格について紹介します。
『愛の不時着』人民班長役の女優は誰?作中での人物設定や特徴は?
(※ネタバレあり) 『愛の不時着』でリジョンヒョクの舎宅村でよく登場する主婦4人組の中でもインパクトが強いおばちゃん、ナウォルスク。 彼女を演じる女優や作中での人物設定や特徴を詳細に紹介します。

 

タイトルとURLをコピーしました