『愛の不時着』パクグァンボム役の俳優は誰?キムスヒョン似でスカウトされた?作中での性格は?

スポンサーリンク
愛の不時着

※この記事は韓国ドラマ『愛の不時着』のネタバレが含まれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@guy_jj_cd_bbがシェアした投稿

韓国ドラマ『愛の不時着』は、韓国の財閥令嬢ユンセリ(扮ソイェジン)が、北朝鮮に不時着したところを、北朝鮮の軍人リジョンヒョク(扮ヒョンビン)に救助され、真実の愛に不時着するラブストーリー。

韓国ではtvNで、2019年12月14日から2020年2月16日まで放送され、日本でもNetflixにおいて2020年2月23日から配信されています。
なんと世界190ヶ国で配信されています。

さて、リジョンヒョクが信頼している部下4人組(F4とも呼ばれています)の中にパクグァンボムという隊員がいます。

寡黙な性格の持ち主で、リジョンヒョクのことを心から尊敬しています。
そしてこの彼がモデル顔負けのイケメンです。
キムスヒョン似でイケメンだという声もあがっています。
なにやら作中ではスカウトを受けたとか?
性格についても気になりますね。

今回はこのパクグァンボムについて

  • 役を演じる俳優は誰?
  • キムスヒョンと似ているのは本当か?
  • スカウトされたというのはどういうこと?
  • 作中での彼の性格は?

を紹介します!

スポンサーリンク

『愛の不時着』パクグァンボム役の俳優は誰?

『愛の不時着』でパクグァンボムを演じるのはイシニョンさんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

이신영(@leesin_y)がシェアした投稿

そのイケメンぶりに、世間やキャストからもキムスヒョンさんに似ていると言われています。
(世間ではリトルキムスヒョンと呼ばれているとか?)
大きくて、はっきりとした目、そして小さな顔がポイントですね。

どこかのアイドルに所属していても不思議ではないルックスです!

イシニョンのプロフィール

イシニョンさんのプロフィールを簡単にまとめます。

名前 イ・シニョン(シンヨンとも)

(이신영 / 李新英 / Lee Shin-young)

生年月日(年齢) 1998年1月24日(24歳)
出生 慶尚北道 漆谷郡
身長 180cm
血液型 A型
家族 父,母,兄
所属事務所 フォレストエンターテインメント
高校 純心高等学校
デビュー 『ひとくちだけ』(2018年)
インスタグラム @leesin_y

イシニョンさんは元々、俳優ではなくモデルを目指していたようです。
しかし、どこか自分に合わないなと思い始めた時に、元々表現をすることが好きだったことから俳優を目指しました。
普通に生きてて感じることができない感情なら演技をしながら感じてみるのも悪くないと思い俳優を夢見るようになったということです

そして、Webドラマ『ひとくちだけ』(2018年)で俳優デビューを果たしました。

とはいえ、モデルを目指していただけあってイシニョンさんの写真はどれも写りがいいです♪

イシニョンの出演ドラマ

イシニョンさんが出演しているドラマを一覧で紹介します。

作品名 役名
2018 ひとくちだけ イ・チャンヒョク
(イム・スジの彼氏)
2019 少し敏感でも大丈夫 ソ・ミンジュン
2019 ひとくちだけ 2 イ・チャンヒョク
2019-2020 愛の不時着 パク・グァンボム
(リ・ジョンヒョクの部隊員)
2020 契約友情 【主演】パク・チャンホン
(高校生)
2020 昼と夜 チャン・ジワン
(ソウル地方警察庁特殊班刑事)

2018年、ウェブドラマ『ひとくちだけ』に出演、ヒロインの彼氏役として俳優デビューします。

その容姿からウェブドラマ界では、密かに存在感を表していました。

そして、今回の『愛の不時着』で注目を集めました。

放送後、たったの2、3ヶ月で20万人以上もフォロワーが増えたようです!

イケメン兵士でしたもんね♪

2020年、ドラマ『契約友情』の主演に抜擢され、KBS演技大賞にて連作単幕劇賞を受賞しています。

彼のビジュアルだけでなく演技力も評価されたということですね!

『愛の不時着』では、口数が少ない役でしたが、『契約友情』では彼の演技を多く観ることができます!

まだ出演作は少ないですがこれから色々と出演することに期待したいですね♪

スポンサーリンク

『愛の不時着』でパクグァンボムはスカウトをされた?

(©TvN『愛の不時着』第12話)

『愛の不時着』にて北朝鮮で活躍していたパクグァンボムですが、何やらソウルでスカウトを受けたようです。

第12話でのことです。

ソウルにいるリジョンヒョクを北朝鮮へ連れ戻すという指令を受けたパクグァンボムをはじめとするF4。

ソウルのスーパー銭湯にあるサウナで、今日一日の成果を報告する場面でのことです。

パクグァンボムは

「清潭洞を回ろうとしたんですが…
知らない人たちが来て、こんなものを」

と言ってもらった名刺を皆に見せます。

その名刺には有名な芸能事務所の名前があります。

(©TvN『愛の不時着』第12話)

左はSN(→SMかな?)、右はYJ(→YGかな?)

(©TvN『愛の不時着』第12話)

JYB(→JYPかな?)

しかし名刺をみても誰もピンとこず
チョンマンボク(扮キムヨンミク)は

「何と言われた?」

とグァンボムに尋ねると

(©TvN『愛の不時着』第12話)

「どこかと契約していますか?
こういう方を探してたんです。」

と言われたことを言うと、皆は「捜してた」という言葉に驚きます。
国家情報院だと勘違いしてしまうのです。
ソウルに来たばかりで、芸能人事務所のスカウトがあるとは知らないので…

パクグァンボムのイケメンぶりがソウルでも認められている証拠ですね♪
ソウルのイケメンを知り尽くすユンセリからも「世界一のイケメン」と認定されただけありますね。

(実際にイシニョンさんが同じようにスカウトされたのかどうかはわかりませんが、本当にいきなり、このように声をかけられるんでしょうか?)

ちなみに、第11話では同じくサウナでグァンボムが売店のおばちゃんから食べ物をもらってきたというシーンがあります。

(©TvN『愛の不時着』第11話)

F4の皆はグァンボムがイケメンだから、ただで食べ物をくれたんだと思い込んでいます。
しかし、そんなうまい話はなく、店を出るときに、しっかりとお金を請求されます★

ということでパクグァンボムがソウルで芸能人事務所の人からスカウトを受けたというエピソードを紹介しました!

スポンサーリンク

パクグァンボムという人物について

(©TvN『愛の不時着』第1話)

パクグァンボムはあまり言葉を発さないため、周囲のF4メンバーよりは大人しいイメージなのではないでしょうか?

しかし、全話を通してみると、彼どういう人物なのかを垣間見ることができます!

ということで、これから詳しくみていきたいと思います!

F4の中で最もリジョンヒョクに信頼されている?

F4はリジョンヒョクが最も信頼している4人のことですが、特にパクグァンボムのことを信頼しているのではないかと考えます。

第1話で、リジョンヒョクが地雷を踏んだまま立っていたときのことです、一緒にいたパクグァンボムが地雷解体をお願いしますが、彼は訓練の時以来、解体していないといいます。

しかしリジョンヒョクは誰かを呼ぶことなく、グァンボムに「信じる」といって解体を任せます。

結果としては助かりますが、危なかったですね…

また、リジョンヒョクが上層部の不正について、独自に調査をしているときも、F4の中では唯一、彼を連れているのが、何度か確認できます。

1
F4の隊員の中でも信頼を置いている証拠ではないでしょうか。

作中での性格

パクグァンボムはF4の中では最も寡黙な性格です。
隊員同士で会話をしているときも、大勢いると一言も発しないことが多いです。
なんだか存在感が薄い気もしますよね。
しかし、彼の感情がわかる場面はいくつかあります。

喜:ソウルでのリジョンヒョク・ユンセリとの再会怒:悪いことは許せない

哀:リジョンヒョクの生命の危機

楽:F4との楽しい思い出

それぞれみていきましょう。

喜:ソウルでのリジョンヒョク・ユンセリとの再会

(©TvN『愛の不時着』第11話)

第12話で、ソウルで探し求めていた中隊長リジョンヒョクと再会できる場面があります。

リジョンヒョクの「どうやって来たんだ」という問いかけに答えず、パクグァンボムは黙ってリジョンヒョクに抱きつきます。

リジョンヒョクにやっと会えた喜びや安心感など、いろいろな感情がこみ上げてきたのでしょうか、目を大きく見開いたまま潤んだ瞳でリジョンヒョクを見つめます。

そのしばらく後に同じく、ユンセリとも再会できます。

彼女のときも、他の隊員たちは「会いたかった」など声をかけて抱きつきますが、彼は何も言わず、笑顔でそっとユンセリとハグをかわします。

リジョンヒョク・ユンセリに対して、何か言葉をかけていたわけではありませんが、喜んでいるのは伝わってきました!

怒:悪いことは許せない

(©TvN『愛の不時着』第4話)

①泥棒少年に対して

第3話でジョンヒョクの家に干してあった軍服を棒でさらっていこうとした少年に対して、怒りのまなざしでにらみつける場面があります。

相手はまだ子どもであるといっても、人の物を盗む行為が許せなかったのでしょうね。

②工兵総局の整備組長に対して

第4話では、トラック部隊の調査をするため、リジョンヒョクと共に工兵総局へいく場面があります。

パクグァンボムは整備組長に対して丁寧に調査をお願いしますが、

整備組長:「調査だと?保衛部でもないのに偉そうに言うな」

グァンボム:「偉そうだと?言葉を慎め!」

と怒りを露わにします。

リジョンヒョクが彼を抑えたため、事なきをえますが、相手の挑発に乗ってしまいそうな場面でした。

③ピョチスに対して

第5話で、ピョチスがソダンのママ、コミョンウン(扮チャンヘジン)にお酒をすすめられて酔ってしまう場面があります。

そこで、ユンセリの秘密をことごとく話してしまったため、グァンボムは彼に軽蔑のまなざしを向けます。

「一番甘く見られたんです」

と辛辣な一言をピョチスに言います。

ユンセリを秘密が知られるということは、隊長のリジョンヒョクにも被害が及ぶことになるため、ピョチスの失態を黙っておくわけにはいかなかったのかもしれません。

総じて人に迷惑がかかることや、バカにされるようなことはあってはならないというパクグァンボムなりの考えがあるのかもしれませんね。

哀:リジョンヒョクの生命の危機に涙

(©TvN『愛の不時着』第7話)

悲しいことがあっても普段は涙を流すことがないパクグァンボム。

第7話で、ユンセリを空港まで送迎する途中でリジョンヒョクが銃で撃たれ、意識を失う場面があります。

ユンセリの前であるにもかかわらず、彼はうろたえます。

頼りにしている隊長のリジョンヒョクの命が危ないということや、ユンセリの運転が怖いことなど、いろいろあって悲しい表情が表れていたと思います。

楽:川遊び・サッカー観戦

(©TvN『愛の不時着』第6話)

普段、大はしゃぎしないパクグァンボムも、子どものように遊ぶときはあるのです。

第6話では、ユンセリの送別会のために川辺でピクニックをします。
ユンセリが豚を食べるのはかわいそうだと言い、代わりに魚を捕まえることにします。
そのときの川遊びに大はしゃぎになるF4のメンバーたち。
グァンボムも楽しそうにはしゃいでいます♪

また、第13話において、ソウルのチキン店でサッカー日韓戦を仲間とともに観戦する場面があります。
周囲のお客さんと一緒に、立ち上がってハラハラする、手を叩いて大喜びする、残念がる様子がわかります。
グァンボムも同じように楽しみ、最後にゴールが決まったときには隣にいたマンボクとハグをかわします。

確かにパクグァンボムは普段、寡黙ではあるが、きちんと喜怒哀楽を備えていることが、これまでの紹介でわかるでしょう。

イシニョン自身の性格

イシニョンさん自身の性格はどうでしょうか?

同じF4でピョチス役を演じたヤンギョンウォンさんはイシニョンさんについて

「彼はパクグァンボムとは違って明るく、とても純粋です。
私は彼ほど純粋になることはできません。」

引用:「朝鮮日報」より

と答えています。

イシニョンさん自身はインタビューでは

「おしゃべりではないが、かといって静かな性格でもありません。
子供の頃から多くの友人と仲良くやっていく方でした。
偏見などもなく、様々な考え方を受け入れていたので、様々な友達に会うことができたと思います。」

引用:smlounge.co.krより

と答えています。

イシニョンさんが話している姿をみていると、確かに静かなところもあるけど、自分の意見も言ったりして友人を感心させるタイプだったのではないかと思います。

愛の不時着でのオーディション

『愛の不時着』のオーディションでイシニョンさんに与えられた場面は、

①リジョンヒョクが踏んだ地雷を解体する場面

②「自分を傷つける」と説明するシーン(公海上で第三国に向かう大型船に接続する小型ボートを指す甘い言葉)

 

①の場面は実際に第1話でありますが、②の場面なんてあったっけ?と思う方もいるでしょう。

これはキムジュモク役(扮ユスビン)のセリフです。

オーディションの段階ではキムジュモク役になっていた可能性もありますね♪

イシニョンさんがキムジュモク役…

彼が韓国ドラマをみて号泣している姿やチェジウさんの大ファンだと言っている姿を想像できるでしょうか…?

キャリアを積み始めたイシニョンさんにとって『愛の不時着』は大きなチャンスでありながら、プレッシャーもあったようです。

インタビューでも

「ドラマ出演が確定されたとき、ときめきました。
もちろん以前にも、Webドラマを通じて演技した経験がありますが、“本当の始まり”だなと思いました。
このような良い作品・良い役で出演できる機会はそうないですからね。
だからこそ、喜びと同時にプレッシャーも感じました。」

引用:smlounge.co.krより

と答えています。

しかし、イシニョンさんはグァンボム役をしっかり務めあげたのではないかなと思います。

『愛の不時着』を終えて

 

この投稿をInstagramで見る

 

이신영(@leesin_y)がシェアした投稿

『愛の不時着』は2020年に大ヒットしましたが、イシニョンさんもその一躍を担ったと思います。

インタビューで『愛の不時着』がネットフリックスを通じて世界的に人気を博していることについてのコメントを求められていましたが、

そのニュースは最近聞きました。
特に日本で人気が多いようですね。
(自分自身は)実感があまりないです。

引用:wkorea.comより

と答えていました。

俳優として第一歩を踏み出した彼は、自分がどれだけ注目されているかどうかを体感する時間がないほど、目の前を走り続けていた様子です。

一方、別のインタビューでは

「今回のドラマを通してチームワークの大切さを学びました。

キャストの皆さんだけでなく、この作品に参加した人々すべて自分の役割を立派にこなしている姿を直接見ると、感じられることが多かったです。

現場でお互いの呼吸がよく合って、さまざまなアイデアも出て、また撮影も順調に進んでいました。

もちろん、体力的に大変な時もありましたが、毎日の撮影が楽しく充実していました。」

引用:smlounge.co.krより

と答えています。

F4の皆さんをはじめする、キャストの方々とも仲良くできたようですね♪

また『愛の不時着』が終わる頃には、『契約友情』の出演も決まっていたようです。

意欲と集中力が高いことで評価されているイシニョンさん。

これからも活躍が期待されますね♪

スポンサーリンク

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

이신영(@leesin_y)がシェアした投稿

以上、『愛の不時着』のパクグァンボムやイシニョンさんについて紹介しました!

皆さんの参考になればと思います。

イシニョンさんの今後の活躍にも期待ですね!

タイトルとURLをコピーしました