『梨泰院クラス』キムトニー役の俳優は誰?歌がある?作中の家族構成(おばあちゃん・父)最後を紹介

スポンサーリンク
梨泰院クラス

(※この記事は韓国ドラマ『梨泰院クラス』のネタバレが含まれます。)

韓国ドラマ『梨泰院クラス』はソウルの飲食店激戦区・梨泰院(イテウォン)を舞台に、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する若者たちを描いていたストーリーです。
パクセロイ役のパクソジュンさんをはじめとした登場人物が、それぞれの価値観で自由を追っていくストーリーが見物ですね。

さて、パクセロイが経営する飲食店「タンバム」で働いていた仲間に、キムトニー(김토니)という人物がいます。

失礼ながら、見た目は黒人さんなので、英語を話すのかと思いきや、韓国語を話しているのを見て少し驚いた方もいるのではないでしょうか?
彼の家族構成も気になるところです。
また、彼はある目的を果たすために梨泰院にやってきたとか…

今回は、『梨泰院クラス』のキムトニーについて
役を演じる俳優は誰か?
作中の家族構成(父・おばあちゃん)
最後の結末
を紹介します!

※『梨泰院クラス』の他の記事はこちら

スポンサーリンク

『梨泰院クラス』キムトニー役の俳優は誰?

この投稿をInstagramで見る

 

CHRIS LYON(@chrislyonm)がシェアした投稿


『梨泰院クラス』でキムトニー役を演じるのはクリスライアンさん!
キャストで唯一のアメリカ出身の俳優さんです。
誕生日まではわかりませんが、1993年生まれなので、現在は29歳ですね。

スポンサーリンク

『梨泰院クラス』キムトニーの家族構成(父・おばあちゃん)

『梨泰院クラス』でのキムトニーの家族構成が気になる方もいるでしょう。

初の登場場面

トニーの初登場は第6話。
タンバムが忙しくなってきたことから、スタッフ増員を計画。
セロイとイソで応募者の面接をするも、中々気に入った人が見つからない…
そんな中、 トニーが登場します。
英語で話しかけたイソに対して、韓国語で返すトニー。

《なんて流暢な韓国語!》
「梨泰院には外国人が多いから英語を話すことができるスタッフがいい」
とイソの要望で採用されます。

努力家

トニーは意外と?努力家なのです。
第7話でのことです。
ある日、タンバムで、外国人の接客をしたトニーは英語が聞き取れませんでした。
セロイがそれを見かけて、トニーの出身と母語を確認します。
彼がケニア出身で、フランス語と韓国語が母語だったのです。
セロイはトニーに英語を学ぶよう勧めました。
もともと英語が話せるスタッフがほしいと言われていましたからね。
とはいえ、すぐに英語がわかるようになるトニー。
意外と努力家なのですよ?

あらぬ差別を受ける

第8話でのことです。
クラブに入ろうとすると、止められるトニー。
クラブ側は、アフリカと中東系の人の入店はお断りをしているとのこと。
これにはトニーも怒ってしまいます。
「そんなの差別だろ!というか僕は韓国人だ!」
イソには韓国人と認識されていません。

トニーが黒人のように見えるからこのような対応をクラブ側からされたと思いますが、これは韓国独特かもしれませんね。
日本では聞かないかも。
事情を知らない人でも、差別のようなことをするのはいけませんが、事情を知っているイソなら尚更、そのような言葉は行ってほしくなかったですね。

その後、イソはトニーを差別したクラブに対するコメントと抗議文がスプレーされた画像をSNSとブログに載せました。
イソが「差別がなくなってほしい」旨のメッセージを伝えたことで、トニーにも謝罪したことで和解しています。
(このイソが起こした行動の動機はややズレていますが、そこは置いておきます…)

トニーは「父を捜して韓国の市民権を得る」という宣言をします。
この「市民権」とは、自分の事情を知らない人にも、韓国人だという認識をしてもらうという意味でしょう。

祖母との出会い

第11話でのことです。

路上で倒れている高利貸しのキムスンレ(扮キムミギョン)を発見したセロイたちは、彼女を病院へ運びます。

実はこのスンレが、トニーのおばあちゃんなのです!
彼女は、セロイが貼ったチラシを見て、トニーが自分の孫だと知りました。
トニーにも、自分の息子(=トニーの父)がケニアで結婚したことを打ち明けました。

トニーは、父はおばあさんについてよく話してくれたこと、貧しかったが、母のおかげでそれを忘れることができたこと話し、父の代わりに感謝の言葉を伝えました。

無事におばあちゃんと出会うことができてよかったね!トニー!

スポンサーリンク

『梨泰院クラス』キムトニーの最後

『梨泰院クラス』でキムトニーは最後まで「タンバム」にいます。
ただ、イソやヒョニ、スングォンと違って、IC本社での会議などには登場しないので、役職には就いていない様子です。
それでも、時折、全員で揃うことがあるため、「タンバム」の仲間には変わりないでしょうね!

スポンサーリンク

まとめ

以上、『梨泰院クラス』のキムトニーについて紹介しました!
皆さんの参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました